奉行クラウド「奉行クラウド 経理 DX Suite」

奉行クラウドシリーズ『奉行クラウド 経理 DX Suite』

『奉行クラウド 経理 DX Suite』とは?

2024年に改正電子帳簿保存法により、電子取引に関わる電子データの保存が義務化され、企業会計システムの再構築が急務です。
更にテレワーク対応によりペーパーレス化、承認プロセスの再検討等、業務の変革も考えなければなりません。

そのような課題解決に、奉行クラウド 経理 DX Suiteのご導入はいかがでしょうか。
改正電子帳簿保存法に完全対応、更に完全ペーパーレス化、AI活用による業務生産性・精度・効率のUPと共に財務状況の可視化など、バックオフィス業務全体の効率化がなされ、生産性の向上が期待できます。

Image

『奉行クラウド 経理 DX Suite』の特長

3つの特長をご紹介いたします。

Image

証憑収集から経理処理まで
完全ペーパーレスのビジネスプロセスに変革

証憑の収集から仕訳起票、支払処理などの一連のビジネスプロセスを変革し、ペーパーレスを実現する業務環境が整備できます。
改正電帳法やインボイス制度・電子インボイスによって電子取引が主流に変わる経理業務にも対応できます。

データ連携とAIによるアシストで
経理業務の精度が確実に向上

入出金情報の管理や立替精算業務など、日々の経理業務をいつでも・どこからでもできるようになります。
更に、AIが自社のルールを学習し業務をアシストするため、人為的なミスが0になり業務の精度を大幅に向上します。

Image
Image

財務状況を可視化する50の視点が
スピーディーな経営判断を実現

起票に掛かるプロセスやチェック業務を削減することで、取引の発生から記録までの時間を大幅に短縮。
更に、50種の豊富な視点で現在の財務状況をリアルタイムに可視化し、スピーディーな経営判断に貢献します。

『勘定奉行クラウド』は改正電帳法に完全対応

Image

バックオフィス業務のDX化で経営力を強化する
「奉行クラウド DX Suite」

『奉行クラウド DX Suite』は、経理、人事労務、販売管理の業務領域を網羅してDX化でき、ヒト・モノ・カネの業務データがすべてつながります。提供されるベストプラクティスは、法・制度改正や社会環境の変化に応じて自動的に更新されるため、変化への対応力も身につきます。

奉行クラウド DX Suite ラインナップ

経理DXを実現する「奉行クラウド 経理 DX Suite」
人事労務業務のDXを実現する「奉行クラウド HR DX Suite」
販売管理のDXを実現する「奉行クラウド 販売管理 DX Suite」
バックオフィス業務の全体最適化を目指して、必要な領域から段階的にDX化を進めることもできます。
Image

<業務時間80%削減>スマホを活用した経理DX 領収書収集業務

従業員が受領した紙の領収書に関わる業務には手作業が多く、手間と時間がかかります。
スマートフォンを活用した経理DXでは、従業員の提出から経理の確認・仕訳起票まで、一連の業務をかんたんに電子化できるため、従来と比較してひと月あたり80%もの業務時間を削減できます。
また、紙で受領した領収書はその場ですぐに電帳法に沿って電子化でき、ペーパーレス化を促進します。 ぜひご覧ください!
Image

さらなる業務効率化の実現

CICでは、さらなる業務の効率化・生産性の向上を追求し、勘定奉行とRPA『BizRobo!mini』を連携しています。
ご興味がございましたら、ぜひご相談ください。
RPA製品「BizRobo!」のご紹介
『奉行クラウド 、奉行クラウド 経理 DX Suite 、勘定奉行クラウド 、奉行クラウド DX Suite 、勘定奉行』は、株式会社オービックビジネスコンサルタントの商標または登録商法です。
BizRobo!mini』 は、RPAテクノロジーズ株式会社の商標または登録商法です。

ご不明点・ご質問などありましたらお気軽にお問い合わせください

検討したい

製品について詳しい資料のご請求はこちら

デモを依頼したい

製品について詳しい資料のご請求はこちら